スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ベトナム株情報、SSI増資と経済成長の背景

ベトナム株
ベトナム株ランクイン!注目銘柄を探せ! ←参考になりますよ(>_<)



ベトナム株通信(↑バナーのメルマガ)を購読される方急に増えてきてます!インデックスが上がると関心も高まるんですね!


こんにちは!最近SSIの無償増資情報でうきうきしているベトスロです。 今日はベトナムの基本中情報です。


ベトナムは国土約33万平方キロメートル、人口は8300万人で社会主義国です。


国土面積や人口は日本に近い数字です。


宗教は仏教が8割方を占めている点、古来、中国から文化の影響を受けているようです。


社会主義国といっても、1986年に党大会にて採択された市場経済システムの導入と対外開放を柱としたドイモイ路線を継続していて、




現地企業レポートや早耳ニュースを日本語で提供!



豊かな社会に向かってようやく動き始めているところです。


一時 BRICs(ブラジル、ロシア、インド、チャイナ)の次に来る国だと注目を集めてガイアの夜明けなど


テレビでも放送されたことがあります。


BRICsに続く新興国にいま注目が集まっている。VISTA(ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン)


ベトナムが注目されるくらい経済成長した理由としては、隣接する中国の生産拠点と言う背景があるようです。


日本で注目され「ベトナムに口座開設ツアー」などの一行もありましたが、それから一度暴落し


今少し戻してきているところですね。


今後がまだまだ楽しみです。


次回の更新をご期待ください。


カリスマ投資家戸松信博が徹底した企業訪問と
外資系アナリストレポートを駆使して
ベトナム株の急成長銘柄をズバリ推奨!
詳細は今すぐ ココをクリック!


                 アップロードファイル 9/6新発売 アップロードファイル
ベトナム投資最新ガイド―金融危機から即脱出!上昇する株&不動産! (角川SSCムック)

この停滞の時期にしっかり仕込む方には待望の本ではないでしょうか

参考になったというかたは ↓ぽちっとお願いします!
ベトナム株ランクイン!注目銘柄を探せ! ←いや多分いるよ(>_<)



  
資料請求(無料)はこちら 

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vietnamstock.blog94.fc2.com/tb.php/452-248171ae







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。