スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ベトナム株情報 ASEAN10ヵ国の中のベトナム

ベトナム株情報

現地企業レポートや早耳ニュースを日本語で提供!

セミナー開催情報もあります! 


今日は、アセアン10ヵ国の中のベトナムについて


その前にアセアン10ヵ国ってどこの国のことかといえば


カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム、ブルネイ、マレーシア、フィリピン、タイ、シンガポール、インドネシア


です。


この中でもベトナムは有望視されているようです。


2000年から2007年にかけて消費マーケットの拡大の倍率が特に大きかったのは、


インドネシアとベトナムでした。


ベトナムは1986年のドイモイ政策を発表してから民主化が進むとともに急激に経済成長をとげています。


国営だった企業が次々とホーチミン・ハノイの両市場に上場していて、


2009年12月現在もまだ多くの国営企業の上場を控えているようです。


管理人も、現在保有銘柄の組み換えを思案中です。

ポートやセミナーに参加する方が増えてきています。やはりベトナム株の人気が上がってきているのかもしれませんね。お申し込みは 下記から出来ます。
ベトナム株の現地訪問銘柄リポート・セミナーなら

現地企業レポートや早耳ニュースを日本語で提供! 
次回の更新もお楽しみください 



カリスマ投資家戸松信博が徹底した企業訪問と
外資系アナリストレポートを駆使して
ベトナム株の急成長銘柄をズバリ推奨!
詳細は今すぐ ココをクリック!



  参考になったというかたは ↓ぽちっとお願いします!
ベトナム株ランクイン!注目銘柄を探せ! ←いや多分いるよ(>_<)  

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vietnamstock.blog94.fc2.com/tb.php/507-e6586d36







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。